新着情報

姿勢が悪くなる可能性が高いテレワークでは姿勢改善を意識するのが重要

 

近年、テレワークという言葉を耳にすることが多くなったのではないでしょうか。

テレワークは、自宅や会社以外のオフィス、移動中など、時間や場所を選ぶことなく柔軟に仕事ができる働き方です。

 

社外での働き方となるテレワークについて

テレワークは、2020年頃から感染拡大した新型コロナウィルスの影響で注目されるようになった働き方のひとつでしょう。

 

テレワークには、時間や場所にとらわれることなく柔軟に働く方法のひとつで、「離れた」という言葉と「働く」という言葉が合わせられた造語です。

 

テレワークの方法には、いくつかあります。

主に、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務となります。

 

在宅勤務は、その通り自宅で会社の人たちとインターネットを通じて連絡をして仕事をする働き方です。

モバイルワークは、パソコンや携帯端末を利用し移動中やクライアント先など、会社以外の場所を使い仕事をする方法です。

 

最後に、サテライトオフィス勤務ですが、こちらは本社や本部から離れている場所にあるオフィスで仕事をする働き方となります。

サテライトオフィスの場所は、社内LANをつなぐことができるスポットオフィスやレンタルオフィスなどとなります。

 

姿勢改善によりもたらされるメリットについて

テレワークのひとつである在宅勤務は、新しい働き方のひとつとして定着してきています。

 

テレワークである在宅勤務は、通勤が不要になる、生産性が向上するなど多くのメリットがあります。

しかし、今まで出勤していた勤務形態が在宅でのテレワークになることで不調に感じる方も多くあるようです。

 

テレワークは、自宅で仕事をする勤務形態です。

自宅は、オフィスとは違い働くための環境が整っていません。

 

例えば、テレワークで使う机や椅子、モニターなどオフィスとの違いによって姿勢が悪くなってしまうことがあります。

テレワークでは、このような職場環境が整っていないことが原因となり姿勢が悪くなり、体に不調が生じることがあります。

 

体調の不良の原因は、姿勢にあると言われています。

姿勢が悪いことで、体にはさまざまな不調が生じます。

このような不調を改善するためにも、姿勢改善が必要となります。

 

仕事中の姿勢改善は、仕事の合間にストレッチをプラスすることも効果的です。

姿勢改善のひとつとなるストレッチは、姿勢の歪みを整えることができます。

 

また、姿勢改善をする時、骨盤周辺の筋肉を鍛えることが効果的です。

骨盤周辺の筋肉を鍛えると、肩こりや腰痛防止につながります。

 

仕事中の姿勢改善で大切なのは、姿勢の歪みを整えること。また、デスクワークをする時に猫背にならないように気をつけることも大切です。

 

姿勢改善を意識して、仕事をすることで姿勢が悪くなるのを防げるのではないでしょうか。

テレワークとなる在宅勤務では、正しい姿勢を身に着けることで快適に仕事ができるでしょう。

 

姿勢改善を意識し、日常生活に取り入れることで、仕事の時以外にも多くのメリットがあります。

姿勢改善により、腰などへの負担が少なくなり、健康トラブルを防ぐことにもつながります。

 

また、姿勢改善によって、集中力が引き出され、体のラインも良くなります。

これによって、健康寿命が増進するなどにつながります。

 

テレワークが浸透する中、在宅ワークはオフィス環境が整っていないことから姿勢が悪くなる可能性があります。

姿勢が悪くなることにより、体にはさまざまな負担が訪れます。

 

また、姿勢改善により見た目が良くなる、健康寿命が延びる、集中力がアップするなどの効果も期待できます。

在宅ワークの中でも、正しい姿勢を意識しながら仕事をすることにより姿勢改善にもつながるのではないでしょうか。

 

テレワークによって、生産性を向上させながら、正しい姿勢を意識する姿勢改善も行い、健康的な毎日の生活を手に入れましょう。

 

岡山市で身体のことでお悩みならはパーソナルトレーニングスタジオ Unleashへ


店舗名:パーソナルトレーニングスタジオ Unleash(アンリーシュ)

住所:〒700-0824 岡山県岡山市北区内山下2丁目1-12 西村ビル1F

TEL:086-230-1141
FAX : 086-899-8695

営業時間 :月曜~土曜 10:00~21:00/日曜・祝日 10:00~19:00

《 業務内容 》
パーソナルトレーニングスタジオ、出張パーソナルトレーニング、健康教室、セミナー、
講演、イベントの企画運営、企業健康経営コンサルティング、企業健康経営支援