新着情報

【カロリーとは?】


 

「カロリーを摂り過ぎたから運動しなきゃ」

「お菓子はカロリーが高いから控えなくては」など

ダイエットを気にしている方の多くは、「カロリー」という言葉に敏感です。

この「カロリー」とは一体何なのか、ご存知ですか?

今回はカロリーについて詳しくお伝え致します(^^)

 

カロリーは体を動かすエネルギーの単位

「カロリー」の語源はラテン語の「calor(熱)」。

1gの水を1℃上げるのに必要なエネルギー(熱量)が1calです。

機械を動かすのに電気エネルギーが必要なように、人間も生きていくためにエネルギーが必要です。

摂取したカロリーから消費したカロリーを引いて、マイナスになればやせるしプラスなら太ります。

多すぎれば肥満や生活習慣病などのリスクが高まり、少なすぎても栄養障害などのリスクが気になります。

 

カロリーを摂取しすぎるとなぜ太るのか

20代の女性が1日に必要なエネルギーは、1,650~2,200kcal、

このエネルギーで身体を温めたり、考えたり、運動したりしています。

1日で使いきれずに余ったカロリーは、身体に体脂肪として蓄えられます。

ちなみに、蓄えられた体脂肪を1kg減らすのに必要なカロリーは7,200kcalです。

 

カロリーの帳尻合わせでは、健康的に痩せることはできない

必要量以下ならOKなのねと思うかもしれませんが、極端な食事制限やカロリーの帳尻合わせで

好きなものだけを食べる食生活では、必要な栄養が摂れない、偏ったり過剰になるなど、

かえって健康を損ねることになりかねません。

ダイエット中は、野菜サラダなどを中心とした食生活にしがちですが、

ビタミンやミネラルは意外と摂れていないものです。

また、気をつけたいのはタンパク質の不足、筋肉がつかず基礎代謝そのものも減ってしまいます。

健康的な「やせ体質」を目指すなら、いろいろな食品からバランスよく栄養を摂ることが大切です。

 

カロリーの使われ方を意識、基礎代謝を上げて太りにくく

摂取されたエネルギーは、

①生命を維持する(基礎代謝):呼吸をしたり、血液を循環させたり、

体温を一定に保ったり、内臓を動かしたりする

②身体を動かす:日常生活や運動など使われるエネルギー。

活動量の多い人ほど使われる量は多くなる

③食べたものを消化する:消化のためのエネルギー。

食事中や食後に身体がポカポカ温まるのはこのためです。

 

①の基礎代謝は、何もせずに横になっていても消費されるもので、

総エネルギー量の70~80%を占めています。

同じものを食べても太ってしまう人と太りにくい人がいるのは、

基礎代謝量の個人差によるものです。

基礎代謝が上がれば消費される分が増えるわけですから、

余ったカロリーが体脂肪として蓄積するのを抑えられるのです。

 

筋肉量を増やして、基礎代謝量をアップ!!

基礎代謝のうち約50%は筋肉で使われます。

年々基礎代謝が落ちていく理由のひとつに、筋肉量の減少があげられます。

食事量の低下や無理な食事制限などによって、タンパク質不足が起こると

機能低下を引き起こし筋肉量も減っていきます。

無理なカロリー制限でなく、バランスのよい食事と適度な運動で筋肉量=基礎代謝を上げることが、

「やせ体質」への近道なのではないでしょうか。

岡山市で身体のことでお悩みならはパーソナルトレーニングスタジオ Unleashへ


店舗名:パーソナルトレーニングスタジオ Unleash(アンリーシュ)

住所:〒700-0824 岡山県岡山市北区内山下2丁目1-12 西村ビル1F

TEL:086-230-1141
FAX : 086-899-8695

営業時間 :月曜~土曜 10:00~21:00/日曜・祝日 10:00~19:00

《 業務内容 》
パーソナルトレーニングスタジオ、出張パーソナルトレーニング、健康教室、セミナー、
講演、イベントの企画運営、企業健康経営コンサルティング、企業健康経営支援